Gretchen Parlato – Live in NYC: WEAK


Gretchen Parlato – Live in NYC: WEAK

クラシック上がりのジャズの先生でよく、ジャズをいきなり譜面でやらせる先生がいるがどうかと思う。まず、そのやり方は要領の悪い不器用な生徒に手っ取り早くジャズっぽいことをやらせるためだろう!

ぽいことはできる

しかし、その方法論では間違いなく本質的にジャズを弾けるようにはならない!
それでもそれを続けるのである。その理由は、

1、生徒にその気にさせて長くレッスンをやらせたい!生き殺しにする。
2、先生自体が理論をよく分かっていない!
3、教えるすべが分かっていない!

いずれにせよろくなものではない!
習い初めはワケわからないから仕方ないが、
もしそういう先生で習っているとしたら
考え直した方が良い!

お金と時間と労力の無駄である。笑

世の中は本当に理不尽でダメなことを平気で行っている人間がいる。
おかしいな?と分かるような人間になろう!

本質は何か?を常に自問自答すべきだ!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

ジャズ ピアノ レッスン