Brian Simpson – Juicy

Brian Simpson はまるでカルバートソンの兄弟か?というぐらい似ている!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Javier Colon – Ways I’m Feeling You


Javier Colon – Ways I’m Feeling You

Javierはギターも弾ける。いつもいっているように、本当の意味で分かっている歌い手というのは楽器ができている。歌しか歌わないボーカルより何倍も音楽が分かっている。

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Javier – Once We Start


Javier – Once We Start

Javierもかなりエリックベネイやブライアンマクナイトのような極めて洗練されたサウンドを目指すいそうでいないシンガーだ!これは大変貴重な存在だ!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Giant Steps;Let’s Ride;Actual Proof;Mainstream * Chris Dave & The Drumhedz / Jazz Fest Wien 2013


Chris Dave

まず日本でこんなドラム叩いたら怒られるんだろうな~!ちゃんと叩けって。
でもね、基本も大事なんだけど創造力という意味で若いうちはやりたい放題もやらせるべきなんだよね。

あと最近はだいぶん変わったけど、日本ってロックです!ビジュアルです!ポップスです!ジャズです!ラテンです!ってジャンルで分けるドラムとか演奏しちゃうわけだけど、もう時代はそんな分けてる時代じゃないんですよね。そういう分け方は昔の文化を見つめるときにやるべきで今地球はそんな分かれている場合ではない。

地球人として新たな音楽を奏でるべきだし、文明進化の流れ、時代の流れからして明らかに若者の音楽がいろいろな要素を含み進化している。クリスデイブのドラムもそれを表している。

そのためにも、各ジャンルの音楽を当たり前にやるべきなのだ!

ジャズはできません、ブルース嫌いですなんていってられませんよ!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Baby Come Over Hil St. Soul


Baby Come Over Hil St. Soul

ディアンジェロ的なサウンドだが、この手の数コードループでしかも基本進行でないネオソウル進行でかつメロディを常にアドリブ的に音を動かす。西洋ではもう当たり前なサウンド。

極めて歌の上手さが必要とされる。ブルースやジャズが当たり前にできていないと残念ながらこの手のサウンドを奏でるどころか作ろうなんて無謀なことはするな!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Mark Colenburg

Mark Colenburg

しかし、超弦理論からすれば10次元も我々次元からは見ることができない小さな次元があるなんて!一体どういうことなんだ!人間の意識や尊厳なんてたわいもないものに感じる。もっともっと人間は森羅万象に真っ向から真摯に向き合って学ぶべきだ!くだらないことになんかに興味持ち、ゆがみ合っている場合じゃないのだよ!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Mark Colenburg

どんなに人口知能が発達し人間以上の何かやポストヒューマンが存在しても『宇宙の神秘』や『生命の神秘』の解明が最後の課題になると言われている。人間はくだらないことでゆがみ合っている場合ではなく、その場しのぎの生き方をして子孫を繁栄させるのではなく、これらの課題に真摯に向き合い世界全員が生きていくべきだ!

そうすればきっと素晴らしい世界になるに違いない。

そうすれば、当たり前に相模原のような事件は起きないはずだ!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor