Gordon Chambers – If You Love Me


Gordon Chambers – If You Love Me

一橋大学の石倉洋子先生は言っているが今の50歳未満の人は今後100歳以上まで生きる時代に突入しているという!

それによって人間の生き方が随分変わるということだ!

今、社交的でない人や殻に閉じ籠るような人間はかなり危機を感じたほうが良いだろう!就労年数も当然上がると同時に生きて行くための資産も必要になる。

さてここでだ、音楽をやっている人間はどうなるか?音楽と言っても決まったバンドをやってるだけでなんの発展性もない活動をしていたらうだつの上がらない集まりの狭い世界でしか生きれないことになる。

即興やジャズが良いのは知的な頭の良い人間がより社交的に幅広く繋がるのでいろいろなことの発展性は無限大だ!

こういったこれからの未来に向けての音楽のあり方から見てもジャズや大人のコンテンポラリーの音楽をやっていくことの優位性は計り知れない!

子供の発表会みたいなバンド活動や音楽活動をしていてもまるで発展性のない凝り固まったつまらない人間になることは賢い人なら分かるはずだ!

知的で情感のある品性ある人間とセンスよく集い音楽をやっていこうとするなら何をしていかなければならないのか?

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

24k Magic – ブルーノ・マーズ


24k Magic – ブルーノ・マーズ
Bruno Mars – 24K Magic

かっこいーーーーー!!いやーーーーーUp Town Funkにしても
彼らの素晴らしいとこはシンプルなコード進行だけで
逝かせるとこですよね。グルーブ感も半端ないし!

日本の多くの歌謡曲のようにコード進行沢山でグルーブ感がダサいみたいなことはないです!

かっこい良い音楽はいつの時代でもシンプルです!

この曲はFm7とB♭m7が主体で作られています。

どこの業界の人間も同じで行きつくところはシンプルです。
ガチャガチャしているのは未熟な証拠です!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Aaron Parks All The Things You Are


Aaron Parks All The Things You Are

【備忘録】1:54のD7でのアウトは何を?

さてさて、音楽をやっているとどうも趣向とその人の性格や脳の使い方に深く関係があることが分かる。

例えば、リズムが何年たってても日本人のかっこ悪い「すっとこどっこい」になっている人。

このタイプは大体、服のセンスとか身の回りのセンスが悪かったりする。笑
つまり客観性の部分が欠如しているので「すっとこどっこい」を客観的にかっこ悪い
と思えないので「わからない!できない!」になるのである。

音楽を向上したい場合に、音楽以前の問題があるということは忘れてはならない!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

BEYONCÉ – 1+1 (Leroy Sanchez & Jessica Sanchez Cover)


BEYONCÉ – 1+1 (Leroy Sanchez & Jessica Sanchez Cover)

ちょーーーーーー当たり前のことをお伝えします。

アドリブやインプロビをやろうとしている人で
最低限ペンタトニツクやダイアトニックとモードについてしっかり学ぼうと思わない人は

はっきりいって「人間性」に問題があります。

どんな問題か?といえば

普通アドリブが好きな人またはやりたいと思う人はそれがペンタトニックとわからなくても感覚的にできるようになります!それができないということは、物事の捉え方や考え方が素直でなく真似もできず感じることもできない。

おかしくないですか?何かがかなり欠損しているわけです!そういう人は学習ができないのでIQや感じるEQが低いことも考えられます。そもそも原始的なころから人間はそれらしいペンタトニックを理解しているわけなのでその頃の人間以下のレベルということです!

何はともあれ自分を向上させたいのならやはりアドリブにトライすることはよいことでしょう!事実、セッションするところは沢山ありますがアドリブの質とともに集まる人間の質も比例していることが経験則として統計学的にも分かると思っています!

品性や知性のないセッションも沢山ありますが事実として言えることは質の高いセッションには社会的人間性の高い人が集まります!

そこに行けない人は残念ながら貧富の差にさいなまれることになります!

頑張って自分を高めましょう!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちら【PR】

Jarrod Lawson North Sea Jazz Festival 2015


“Jarrod Lawson – ‘Soul Symphony’

歌うこと!

これはシンガーより楽器をやっているミュージシャンが大事にすべきだ!ほとんどのボーカリストは「歌う」よりただ音をなぞっているだけの日本人がほとんどなので話にならないが、楽器はとりあえず音がしっかり出る分、小手先だけでやるミュージシャンが多い!

例えば、楽曲にはその曲の調があるわけだが、アドリブをするときはダイアトニックコードによるモード、つまりアイオニアン、ドリアン、フリジアン、リディアン、ミクソリディアン、エオリオン、ロクリアンを弾けば最低限音を並べることができる。

初心者はこのモードですら遊べないのでなんとかここをしっかり理解してもらいたい。なーーーんにも難しいことではない!理屈という理屈でもない、当たり前のこと。基本コードが分かっての前提。

このモードが実は非常に奥が深く、人間の「歌心」がもろに出てくる。モードといってもただの調(スケール)のドレミファソラシドなのだが、このスケールでアドリブで「歌う」ということがほとんどの人間ができない!特に日本人のクラシックく教育を受けてきた人間は!

子供のころから「自由に弾く」という基本中の基本の能力をことごとく潰されステレオタイプや創造力を無くさせる洗脳教育で育てられる!

大変おかしな教育だ!

「歌心」なんてものはあなたの頭の中にあるのであって譜面じゃないのだよ!

もしその辺りで悩んでいたら即刻、音楽のあり方を見直し方向転換すべきだ!
洗脳され頭がガチガチになり使い物にならない脳を作る前に!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちら【PR】

BEYONCÉ – Sandcastles (Cover by Leroy Sanchez)


BEYONCÉ – Sandcastles (Cover by Leroy Sanchez)

先日の日本代表サッカーで今野が『シンプルに心がけた』プレイをしてとんでもない活躍と称賛を浴びた!

これは全く音楽にも言えている!

1音にこめる感情や愛情や歌心を大事に一体どれだけのミュージシャンができているだろうか?

大体のミュージシャンや作曲家は非凡なアレンジとか超絶な事、誰もやっていないようなサウンドを作ろうと躍起になっている!

もっと昔からあるサウンドをより研ぎ澄まし洗練させるような曲や演奏はまだまだできるというのにシンプルにやらず混沌とわけのわからないことをする人間が多い!
少なくともアメリカや西洋人は洗練の意味がよくわかっている!

これは基礎の大事さにつながっている。これが音楽の深さにつながる。

優秀な人工知能ができてもこのシンプルを深め発展させることは
当分脅かされることはないだろう!

貨幣社会が存在する限り、職人は生き残るのである!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちら【PR】

Jon Cleary – Mo Hipper


Jon Cleary – Mo Hipper

音楽ビジネスと幸せについて

めちゃくちゃ上手いのに食えてない人が沢山いるのに対し、めちゃくちゃ音楽わかってないのにメディアに露出して食べて行ける人がいる

という点をよく考えれば分かってくる。
前者は非常に好きなことをやって幸せなのでさほど儲けようとも思っていない、でもそういう音楽こそ本質はついているがマイノリティであるのに対し、後者は雑多な音楽で大衆にちやほやされお金になって幸せという構図だ!

このサイトは当然、前者についていつも論じている。正直、後者に群がっている人間といると会話をしていても筋が通っていなかったり、何も考えていなくその場しのぎの生き方をしているので一緒にいると非常に疲れる。無駄が多いのだ。若いころはこの後者というものが判別できずに真向に付き合ってしまうが、年齢を重ね、いろいろ賢い人や優秀な人間と付き合っていくと後者を相手にしている時間がもったいないと分かり、全く接触しなくなる。

もっといえば、そういう連中とちょっと話したり、態度、ふるまいを見ただけで大体わかり適当にあしらうことができるようになる。
それができることによってその人は一段、二段上に行けるようになるのだ。これは結構楽しいもので、このサイクルができるとビジネスは非常に楽しいし幸せだ。

これは音楽性と人間性は全くもって比例してリンクしている。

良い音楽が分かるか分からないかはとてつもなく人生において大きな問題なのだよ!

もし、若い人間に限らず、40歳前後でもいかんせん疲れる人間関係を保っているのならこのあたりのことを考えて見よう!ストレスは最大の病だ!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちら【PR】