Maysa & Kevin Whalum – There’s Nothing Better Than Love


Maysa & Kevin Whalum – There’s Nothing Better Than Love

良い音楽を聞き共感している人間は明らかに豊かな人生を過ごしている!

大物アーティストをディレクションする先生がいるのだが残念ながら大きな病気をかかえている。大変いたたまれない。その先生は素晴らしく頑張りやさんで凄く良い人なのだがどこか無理しているような音を感じる!そして一生懸命、上手く歌おうというのがこちらサイドには痛く感じる。そしてどんなに上手くても心から「いいな~」と思えないのである。
ビジネスにもバランスというものがある。必要以上にビジネスに力が行けば必ず負荷がかかることは当たり前だ!そんな頑張らなくても良いのに。。。そんな上手くなくたって人に大事なこと伝えられるのに。。。

音にはその人の全てが現れる!

余裕がない生き方をすればそれがでる。
勘違いしていればそういった音になる。
一生懸命無理していれば病気になる音をだす。
心がひねくれていればそういう音がでる。
根本的に本質的に大事なことを見ていなければそういう音になる。
げひんな人間は露骨にそういう音がでる。
大事なとこはそこじゃないのに
とんちんかんなことでがんばっちゃってればそういう音をだす。
そもそも根本的にフィールやテイストが違うのに上手くなることばっかりやっちゃってれば聞けたもんじゃない音になるし。
などなど

もう一度いう!怖いぐらいに音にはその人の全てが現れる!

若いうちは分からないだろうが
歳を重ねるにつれて
その人が何を大事にしてきたかが顔に
際立って出てくるのと全く同じだ。

皆さんはまともな心豊かな生き方をしていますか?
心にゆとりはありますか?

真摯に音楽に向き合うと
そういったことが見えてきて
良い音楽が人間を良い方向に導いてくれるものだ。

自分自身が未熟過ぎるのに沢山の人に
聞いてもらうことを頑張ってどうするんですか?

もし、今皆さんが
何か大きな問題をだかえていたり
上手くいかなかったりしたとしたら
今一度先生を見直したり
今やっていることを見直したり
大きな軌道修正が必要ですよ!

手遅れになる前に!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

ジャズ ピアノ レッスン