Kevin Whalum – Wondermaze


Kevin Whalum – Wondermaze

ケビンが良いのは、むやみやたらに声を張り上げたり、シャウトしたり、歌い回したりしなくても十分にエキサイティングで興奮の世界に誘ってくれることだ。日本のゴスペル界に多いのだが、ブルースがわかってもいないのにギャギャー歌って、ゴスペルやった気になっているのを聞くと荒手の新興宗教か?と思うことがある。ほぼきちがいにしか聞こえないのだが当の本人は神を分かったような気でいるというのだから勘違いも甚だしい。笑

まあ、そういう低次元は無視するとして、ケビンのような音楽を心から愛せるということはその人の組成を表すので大変人間性として大事なことだ。少なくとも物事の本質が分かる人間というのはケビンの音楽が分かるし、当然ケビン本人もそういう人間だ。

デリカシーがなかったり、品性がなかったりする音楽ではない。トランプがどういう人間かは知らないが少なくともこういった音楽を心の底から好むような人種ではないだろう!

世の中はマイノリティーで良いものがあると同時に、本質の分からない連中が溢れていることがまた今回の大統領選で証明された。

水木しげる先生のいう、9割りの人間がバカだとはよくいったものだ!笑

少なくともこのサイトを見てくださり共感されている人は大丈夫だろう。

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

ジャズ ピアノ レッスン