James Brown – Willow Weep For Me


James Brown – Willow Weep For Me

洋楽をやっていくときの心構えとして極めて大事な事がある。

日本で生まれ日本で育てばほとんどの人間は現状の意味不明な音楽文化を聞いて育つ!
そしてそれらを好んで聞いて影響をうけ、さらにはたまに洋楽をバンドでやったりするわけだが
残念なのは西洋人の音と日本人の音の出音が全然違うことを認識できずに奏でている点だ!

例えば、演歌とか会社の付き合いで行かされたりしてそんなリーマン生活を何十年と続けたり、J-Popに目を潤ませて心から聞いていたらとてもじゃないけど西洋の音になんかならないのである。

影響を受けるということがどれだけ身に染みて離れないか?というのは西洋音楽をやる人間にとっては大変致命的になるのでよーーーーーーーく考えて音楽を聴くべきだ。

極端のことを言うが、洋楽のサウンドを根本からやりたいなら最低限、
まず日本でやっている音楽は聞かないことだ!

日本の良くも悪くも『ちんどんや』『すっとこどっこい』のリズムが洋楽に入っちゃいますよ!

まあ、最近の若者はだいぶん変わってきたけど。
20年前とはメディアの在り方が違うからね。

勘違いしているのは40歳以上の人間多い!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちら【PR】

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

ジャズ ピアノ レッスン