Anthony Hamilton – Charlene


Anthony Hamilton – Charlene

作曲家を尊重して譜面に忠実に自分の色を出す!

??はい?意味が分からない!

自分の色だぁ?

譜面通りに弾いて作家の意図をくんで自分の色だぁ~?

おかしくないですか?

そんなの自分の色より作曲者の言いなりの音楽だよ!自分の色なんてほとんどないよ!
そんなんならはじめから出すなよ!

勘違いするなよ!伝統などという大きな力に囚われてんじゃないよ!力に屈してなけなしの抵抗かなにか知らないけど自分の色なんて出すなよ!譜面から作者の意図をとって自分の色出すだぁ?

そもそも模倣の意味が分かってないな。笑
創造の意味も分かっていない!

完璧な模倣なんてできない上に人の書いた
譜面で創造ってなんだよ!笑

中途半端なんだよ!
時代はもう変わってんだよ!

いつまで勘違いした考えで音楽やってるのかね~~。古代の生け贄の儀式を現代でまだやっているのと同じだよ!

やってないでしょ!今そんなこと。笑
まあ言い換えれば、譜面奴隷のクラシックという生け贄になった人は音楽を嫌いになったり、やめたりしている人が多すぎるけどね。

そんなの音楽じゃねーんだよ!

音楽の解釈をもう変えなきゃ!
そこの頭の硬いおバカな先生よ!

間違った教育してんじゃないよ!

だから日本の譜面奴隷のクラシック出の人間の多くはブルースやジャズができないんだよ!

自分で考えて行動できない
人間ばかりが出来上がるんだよ!

クラシック全てがダメなんて言ってないからね。
クラシックもある程度さらっとやってブルースや
ジャズなどの本質的で柔軟性のある音楽もやりなさい

っていってんだよ!!!

未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に
オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

ジャズ ピアノ レッスン