Lars Jansson Trio plays “Everything I Love”


Lars Jansson Trio plays “Everything I Love”

ラーシュ・ヤンソンの音の切り方からのアドリブアプローチは非常に勉強になる。この曲ではあまりビバップフレーズというよりはスケールから繰り出されるフレーズや音のつなぎが実にとりとめもなく洗練されていて素敵だ。

いずれにせよ、アッパーストラクチャーは当たり前としても基本251(ツーファイブワン)ができかつ、テンションがさりげなく入り、同時にドミナント7thでのいくつか使えるスケールを網羅していなければ出来ないサウンドだ。

こんな風に弾きたいならジャズ ピアノ レッスン by Sponsor

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

ジャズ ピアノ レッスン