2020年4月1日

Barry Harris – Parker’s Mood (Live at Maybeck)

Barry Harris – Parker’s Mood (Live at Maybeck) 本当に、良質な音楽には良質な人間が集まる。 チープな下品だったり希薄だったり病んでいたり 横暴だったり不遜だったり怠惰だったり 頭が悪かったりする表現者の音楽を聴いていると 自分もそのようになる。 世の中の約9割がそういう音楽で溢れている。 これは好き嫌いでは済まされないのだよ 環境問題を見れば分かるように 人間は75億以上もいらない もっと洗練された人間が増えるためにも 良質な音楽をしなさい 雑音みたいな音楽して 地球にとって悪い寄生虫みたいな生き物は いなくてよいのである 未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に オシャレな音楽を学ぶならこちら東京ならこちら【PR】

Barry Harris Trio – I’ll Remember April

Barry Harris Trio – I’ll Remember April リズムの悪い人、特にハネやスウィング、シャッフルが苦手な人に⚪⚪⚪⚪⚪⚪のアクセントで弾かせるとまず。100%の人がまともに両手で弾けない。。笑 それが根底で出来ないととてもじゃないけどブラックミュージックなんか出来ないのだよ! あと⚪⚪⚪⚪⚪⚪⚪スケールで歌えないともう聞けたもんではない! 中級以下の人は頑張って! 未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に オシャレな音楽を学ぶならこちら【PR】

Barry Harris live in Japan Like someone in love

Barry Harris live in Japan Like someone in love 社会的地位が高い人や学習能力の高い優秀な人間にはジャムセッションに遊びに来てさらっと良い演奏をして帰って次の日からまたバリバリクオリティーの高い仕事をしている人が多い。 なので良い演奏が出来なかったり、そもそもジャムセッションが出来ないということはそもそもの人間としてのクオリティーが低いように思う。 別に人間としてのクオリティーが低くても問題はない! そこから頑張って這い上がれば人間は変われるのである。 問題は自分を向上させようとしないその姿勢だ! ジャムセッションほどその人の人間としての能力が露骨に垣間見れる音楽形態はない。 その音楽形態でよくも悪くも表現できない人間はさらにもっとつまらない人間なのだ! 音楽がしっかり出来るものは 何をやってもしかっかりできるということが分かる。 未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に オシャレな音楽を学ぶならこちら【PR】