2020年9月25日

“Moonchild: NPR Music Tiny Desk Concert”

当たり前の事実をお伝えしよう。 現在、ライブハウス等が大変な時期になってますよね。ここで生き残れるか残れないか?はそのお店がどれだけお客さんや利用者にとって必要とされ必要な場所だったかが問われている。 だから閉店したところはそうでないということで 淘汰されるべきなのだ。 この淘汰の話はライブハウスを例えにだしたが、他の業界でも全く同じ事がいえているので周りをよーーく観察すると面白い。 日本だけでなく世界も同じ。 もっと辛辣な事を言おう。 能力のない奴は淘汰される。マヌケな音楽をやっているチープな奴らにはこの世界で余裕をもって生きていけないから他人も助けられない。自分の事だけで精一杯。そんな奴らが愛だの絆だの寒いこと言っても結局なんの力にもならない。 再三述べているが「音楽=人間性」である あなたがどんな音楽が好きで奏でているかで 大体分かるのだよ! 今後の大変な世の中で生きていけるかどうか? では、どうすればよいのですか? 未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高にオシャレな音楽を学ぶならこちら東京ならこちら【PR】

Moonchild – “Little Ghost” (Full Album)

Moonchild – “Little Ghost” (Full Album) フリーランスが増えている https://www.itmedia.co.jp/business/spv/1911/13/news021.html この記事からも分かるようにフリーランス が増えている、しかも世界中で どんどん時間やあなたが何をしなければ ならないか?という時代が来ている フリーランスが増えても 人間のほとんどはバカだから 創造することを怠り  血で血を争うような生き方しかしない ではなく、あなたが本来持っている 本質的な個性で勝負していくことが 最善なのだが もっと言うとそれを極めると 大体、事象は収束する方向に行きつく そういう音楽をやっているかな? 笑 未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に オシャレな音楽を学ぶならこちら東京ならこちら【PR】

Back to Me-Moonchild

Back to Me-Moonchild まーーず、ほんとにほんとに、間違ったクラシック教育を受けてる連中の考え方、見解、感動のポイントにはホトホト呆れる。何度もいうけどクラシックで素晴らしい音の人もいる。だけど絶対的に間違ったクラシック教育で頭が犯されている人が多いという事実をまず受け入れなさい。なぜそうなのか考えなさいっていってるの!! あのね、インプロビゼーションってさ 自然発生的なんだよ。この森羅万象を人間という媒体を通して音が出るんだよね。 自然にやっていかなきゃ! 自然に出るように練習しなきゃ! 譜面じゃねーーーんだよ ばかもん!! 柔軟性がなく頭の固くウィットに富んでない人には、とてもじゃないけど 柔軟な音が必要とされるブルースやジャズなんてできない! 最初に書いた連中はバカスカバカスカ弾くんだよ! うるさいです!自然のように心地よくないんですよ! 分かるかな?言ってること。 皆で練習してガツガツやりました!!なんてほめられたもんじゃねーーーんだよ!! そんなことより、人と一緒に共有して演奏するようなセッションの方がよっぽど平和だっていってるの。 だって一方的な演奏ってのは、去年の内閣のように強制採決してるのと 同じだぜ!!!平和的じゃないでしょって!! 分かるかね?言ってること。 クラシックの指の技術があればジャズやったらすごいことになるのにね。 でもやらないんだ、途中であきらめるんだ。 そういう頭に洗脳されちゃってるんだ。でもうんちくやら口答えや屁理屈こねてジャズ系をやめるんだ。 もう変えられないよね。終わりだよね。黙ってコツコツやりゃーーーーいいのに。 すぐに譜面に頼って弾いて、弾いた気になってるんだ!! もう本質が見えない頭を育てちゃってるってことがダメなクラシック教育の最も悪い罪だよね。 …

Miles Davis Quartet – When I Fall in Love

恐るべしである!1956年にもう出来上がっていたとは。。。。。。 クリスボッティがはじめかと思っていたがとんでもない無知であった。 このフィールが原点なのか、いやはや。。。 レッドガーランドもこの当時にしてはかなり洗練されたピアノを弾いているではないか!やはりマイルスの独創性は素晴らしい! 未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Jaco Pastorius & Toots Thielemans

Jaco Pastorius & Toots Thielemans 歌はもちろん、単音楽器奏者(ドラマーは問題外)の中にはハーモニーを理解せず音楽している人が結構多い。これはかなり致命的で、ハーモニーから繰り出される創造性が皆無でまるで1次元的な平坦な音を出し面白みのない演奏をする。 つまり、ハーモニーの中に調和している単音というものを感覚的に持ち合わせていないからだ! どんなに単音で正しい音を出していてもそれは極めてつまらに音楽になるのでそういう演奏者はしっかり和音楽器で理解してから演奏しよう! しっかりした歌やピアノや最高に オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor