2020年6月5日

God Bless The Child  Lalah Hathaway Kurt Elling

ジャズ ピアノ レッスン ボーカル ヴォーカル レッスン   God Bless The Child  Lalah Hathaway Kurt Elling これもビリーホリデーの名曲 God Bless The Child  だが そもそも曲がカッコよすぎる。このアレンジと思うかもしれないが 結構原曲に忠実なコード進行でリアルブックにあるものだ。 こんな曲がもうとっくにアメリカでは作られているというのだ。 日本人はもっともっと音楽を勉強すべきだ!! しっかりした歌やピアノや最高にオシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Tangerine ツーファイブワン 251 ⅡⅤⅠ

ジャズ ピアノ レッスン Tangerine この曲も古い。本当に昔の曲はいい曲が多いのだが、こういった曲に耳が慣れるには251ジャズ理論であるツーファイブワンが把握できないと良いと思えないことだろう。まあ、歌の人ならそのようではないだろうが、ピアニストが分かるにはまずジャズをしっかりやって行かないとこの曲の良さはわからないだろう。 なぜなら、この曲は極めてシンプルなメロディーとコードで出来上がっており、『あるべきところにある音』で作られているからだ。それはまさに251あっての音楽だと思われる。 分からない人はしっかり251の把握をすべきだ。 しっかりした歌やピアノや最高にオシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Lennie Tristano Trio All The Things You Are

Lennie Tristano Trio ~ All The Things You Are キース・ジャレットに大いに影響を与えたポリメトリックの使い手Lennie Tristano いやはや、本当にアメリカって国の音楽は凄い!こんな演奏がもう1950年代に完成されているのだから。 しっかりした歌やピアノや最高にオシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Kurt Elling – April In Paris

ジャズ ピアノ レッスン Kurt Elling – April In Paris ジャズの名曲をこういったコンテンポラリーに仕上げることはもはや現代ジャズでは当たり前。オールドジャズに固執している人は考えを改めよう。『やっぱり4beatがジャズでしょ!』と言っている人はバカの一つ覚えと同じで、脳に幅がないというか柔軟性がないというか適応能力がないというか。。。温故知新ですよ!! しっかりした歌やピアノや最高にオシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

José James – Good Morning Heartache (Billie Holiday)

ジャズ ピアノ レッスン Good Morning Heartache 自体渋い曲だ!もうこのピアノソロなんかかも分かるが音の幅、広がりなどビバップピアノに執着しているピアニストには弾けないバラエティーに富んだものだ。これが現代ジャズの基本なわけで少なくとも世界で通用するピアニストやボーカリストならこういったサウンドを理解できないと置いていかれるだろう! しっかりした歌やピアノや最高にオシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor