2020年2月22日

Mark Colenburg

どんなに人口知能が発達し人間以上の何かやポストヒューマンが存在しても『宇宙の神秘』や『生命の神秘』の解明が最後の課題になると言われている。人間はくだらないことでゆがみ合っている場合ではなく、その場しのぎの生き方をして子孫を繁栄させるのではなく、これらの課題に真摯に向き合い世界全員が生きていくべきだ! そうすればきっと素晴らしい世界になるに違いない。 そうすれば、当たり前に相模原のような事件は起きないはずだ! 未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Shame – Tyrese

相模原でショッキングな事件が遂に起きた!これは深い深い根深い社会問題であり、人ごとでない事件だ。しかも最近は殺人事件が多すぎる!日本は少子化といえど世界的にみて人口が増えていることと今回の事件が無関係であるとはとても言えないと思っている。彼は安楽死を説いていたが、彼のような第三者がそれを強制執行しては絶対にならないが前にも書いた『尊厳死』についてはそろそろ日本でも真剣に考えるべきだ。いや日本に限らず中国もそう。人口の多いところでは必要なことだ。 真面目に健気に一生懸命、真摯に生きている人間を尊重し大事にすべきだ! 未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Wes Montgomery – Fried Pies

Wes Montgomery – Fried Pies お金になっていない貧乏ミュージシャンというのは考え方や身振りや話方や雰囲気が実に貧相で下品なのが多い!それでも毎日ライブをやっているみたいなのだが、そういう街に溢れている音楽家の音楽は聞きたいとは思わない。もちろん真摯に貧乏でも真面目に純粋な心でやっているのなら応援したくなるがそういう音楽家は未来が保証されているので大丈夫だろう。 社会的にもしっかり仕事をして音楽をやっている人間の方がライブで沢山集客したり対応が実に真摯で紳士的だ。といっても社会的地位が高い人ほどだ。 余裕のある人間の音というものがある。 現在はどっちがプロなのかアマチュアなのか分からない感が沢山見受けられる。 音楽だけやっていいても食っていけない! 未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Christian McBride Trio – Fried Pies

Christian McBride Trio – Fried Pies 人工知能の発達により果たして彼らAIはインプロビゼーションを楽しむことができるだろうか?ジャズメンは仕事を奪われるのだろうか? 先日音楽仲間と熱いトークをした結果、ジャズ等のインプロビゼーションは残ると。一部のイジーなロックやポップスなどその場の小手先の音楽とは違いブルースやジャズというのは音楽の本質を追求しているのでクラシック同様、後世まで受け継がれる。絶対数は少ないが確実に民衆は『あんな風に奏でたい。。。』と思っているからそこに大きな◎◎が隠されている。 ここでは企業秘密なので言えないが。笑 まあ、今は人気がないが、いや!いつの時代(ジャズ全盛除く)にも少数派だが、それでいいのだ! 未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Sam Smith I’m Not The Only One

Sam Smith – I’m Not The Only One ここ2年のアメリカ音楽シーンは非常にメロディアスなシンプルな曲がヒットするようになった。一時期の混迷サウンドを脱して。時代は常に繰り返すとはこのことだ! まだまだシンプルにいい曲というのは作れるのだ!さらに言えば、コードとメロディーがより洗練されたかっこいいサウンドになっている。アメリカや西洋はどんどん進化しているのに比べ日本の音楽シーンの劣化が日に日に増して騒がれている。(一部は除く) まあいいだろう。これから格差社会ができ優秀な人間とそうでない人間が顕著に表れるわけだが後者はほっておこう。 良いものを感じられるか感じられないかでその人が豊かな人生を送れるか否か非情にも決まってくるものだ! 未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Harry Allen – Chelsea Bridge

Harry Allen – Chelsea Bridge 素人はこのテンポを嫌がるのだが、このぐらいのテンポを沢山弾いて自分の中で倍テンさらにはその倍の細かいリズムを体内に入れる練習をすべきだと常常思う。しかし残念ながらすぐにテンポを早くして演奏した気になっている輩が多いのではっきり言って困る。 素人ほどゆっくりなテンポでしっかりリズムを出して、8分をしっかり出して弾くべきなのだ! 未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Humpty Dumpty Chick Corea

Humpty Dumpty Chick Corea マイルスに『お前のブルースを弾いていみろ!』と言われたチックはうろたえたかどうかは知らないが”チックなり”の音を弾いたそうだ!ご存知の通りチックはいわゆる黒人のブルースフィールはほとんど弾かない。チックはそういう自分なりの音を弾いてマイルスに認められたという。 のちにチックにまつわる本でそれを”メタブルース”といっていた。 こうなってくるとブルースの意味合いが変わってきて人間としての”ソウル”の意味合いが強くなってくるのだろう!もっと広義的に言えば人間としてのアイデンティティというべきだろうか。 未来に向けてしっかりした歌やピアノや最高に オシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor