2020年8月10日

Anthony Hamilton – Charlene

Anthony Hamilton – Charlene R&Bではシンプルなおいしいコード進行で三つのメインテーマでAメロBメロCサビで曲が構成されていることが多々ある。それが非常に気持ちが良いサウンドで素晴らしいのだが、日本ではどういうわけかそう言った音楽が少ない。いわゆるABCの構成でコードがガチで変わっていく。まあそのガチのコードがかっこよければ良いのだが聞くに耐えないダサい和音とかの上で気持ちよくもない歌で彩られていると非常にドン引きだ。 その点、Anthonyのような歌は本当に心地が良い。さほど頑張って歌っていないけど深みがあって何度でも聞ける。しかもこのテンポのグルーブも最高だ。 IQとEQの関係だが奏でてるものとそれを聞くものの集合体の能力の高低が露骨にでる。労働者階級には労働者階級の音楽があり、知的文化人には知的文化人の音楽がある。洗練された人間には洗練された人間の音楽がある。 彼のような音楽はどこに位置しているのだろうか? しっかりした歌やピアノや最高にオシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Keith Jarrett – I Loves You Porgy

誰もが認める名演中の名演 Keith Jarrett – I Loves You Porgy このガラス細工のような繊細な音が人々を究極の境地に持っていく。何かわからないがただただ涙が出てくる。 世界の人々が全員この音に涙することができたとしたら・・・・・きっと世界人類に平和が訪れると思う。 しっかりした歌やピアノや最高にオシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor

Richard Earnshaw feat. Imogen Ryall – Cry me a river

ロンドン出身のディープハウス・ソウルDJ Richard Earnshaw。 ジャズは今面白い形で進化していて非常に未来的なサウンドを作っている。ロバートグラスパーもそうだが。その大きな特徴はNeo Soulでもそうだがコードが非常に浮遊して転調したコード進行にある。これを奏でるにはやらなければいけない練習やある基礎を理解していないととても出来ない。まあしかし、ハービーハンコックなんかはとっくにやっていたのですがね。今頃周りがついてきたということだ。 しっかりした歌やピアノや最高にオシャレな音楽を学ぶならこちらby Sponsor